RIDE for PEACE of BEARDS web


有限会社ビアーズ  ハーレーダビッドソン メンテナンス・カスタム・パーツ・販売            鎌倉・藤沢・大船・横浜・湘南

big1out800.jpg

バイカーでつなげるボランティアの輪

住田町ボランティアセンター閉所のお知らせ

住田町基地は平成24年9月30日をもって閉所いたしました。

住田町基地は、昨年4月、津波による被害で多くの宿泊施設がなくなり、被災地の復旧・復興の支援に全国から来られるボランティアの方々が安心して休める場所を提供するため、住田町と地域の皆様、そして全国のボランティアの方々のご協力によって開所いたしました。
これまで2万人を超える方々が基地を利用し、陸前高田市や大船渡市の気仙2市1町を中心に復興支援を行っていただきました。

現在も多くのボランティアが活動しておりますが、市内の旅館等も再開し、8月からは陸前高田市が旧矢作小学校をボランティアが無料で宿泊できるようにしておりますので、この度、住田町基地は宿泊拠点としての役割を終えることといたします。

ボランティアの皆様には被災地の支援だけではなく、地域の行事への協力や冬には雪かきなどの手伝いなど住田町や大股地区の方々とも交流を深めながら数多くの想い出を残していただきました。本当にありがとうございました。

一抹の寂しさもありますが、被災地の復興は、まだこれからです。
今後とも復興支援にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

なお、RIDE FOR PEACEは、住田町基地の支援を中心に活動してきましたが、基地がなくなってからもグッズ販売や車両提供など、被災地のニーズに合わせた支援を引き続き行っていきます。
これからも、現地担当者である海野氏から様々な形で皆様にご支援のお願いがあるかと思いますが、何卒ご協力のほどよろしくお願いします。

1-10.JPG1-11.JPG1-3.JPG1-4.JPG1-5.JPG
1-6.JPG1-7.JPG1-8.JPG1-9.JPG2-3.JPG
2-4.JPG2-5.JPG2-6.JPG3-1.JPG3-10.JPG
3-11.JPG3-12.JPG3-13.JPG3-14.JPG3-15.JPG
3-16.JPG3-17.JPG3-2.JPG3-3.jpg3-4.JPG
3-5.JPG3-6.JPG3-7.JPG3-8.JPG3-9.JPG
4-7.JPG4-10.JPG4-3.JPG4-4.JPG4-5.JPG
4-6.JPG4-8.JPG4-9.JPG5-10.JPG5-11.JPG
5-12.JPG5-13.JPG5-14.JPG5-15.JPG5-16.JPG
5-17.jpg5-18.jpg5-19.jpg5-20.jpg5-21.JPG
5-22.JPG5-23.JPG5-24.JPG5-25.JPG5-26.JPG
5-27.JPG5-28.JPG5-29.JPG5-30.JPG5-31.JPG
5-32.jpg5-33.JPG5-34.JPG5-35.jpg5-36.jpg
5-37.jpg5-38.jpg5-39.jpg5-40.JPG5-6.JPG
5-7.JPG5-8.JPG5-9.JPG6-10.JPG6-11.jpg
6-12.jpg6-13.jpg6-14.jpg6-15.jpg6-16.jpg
6-17.jpg6-18.jpg6-19.jpg6-20.jpg6-21.jpg
6-22.jpg6-23.jpg6-24.jpg6-25.jpg6-26.jpg
6-28.jpg6-29.jpg6-30.jpg6-31.jpg6-32.jpg
6-33.jpg6-34.jpg6-35.jpg6-36.jpg6-37.jpg
6-38.JPG6-39.JPG6-40.JPG6-41.JPG6-42.JPG
6-43.JPG6-44.JPG6-45.JPG6-46.JPG6-47.JPG
6-48.JPG6-49.JPG6-50.JPG6-51.JPG6-52.jpg
6-53.JPG6-54.JPG6-55.JPG6-6.JPG6-7.JPG
6-8.JPG6-9.JPG



大震災から一年

2011年3月11日に起きた東日本大地震から、1年が経ちました。
被災地域の中でも特に甚大な被害を受けた陸前高田・大船渡。
RIDE FOR PEACEは、この両市に隣接する住田町を中心として気仙地区の応援を行っています。

2011年の5月から支援をはじめ、RIDE FOR PEACEという活動名が誕生し、これまで微力ながら
様々な形で支援をしてきました。震災から1年が過ぎた今もまだ、支援・応援はまだまだ必要です。

『まず現地へボランティアとして来てほしい』

私たちは、この呼びかけを続けています。
当初の瓦礫撤去は少なくなりましたが、側溝の泥出し、倒木の片付け、牡蠣養殖筏の製作手伝い、
仮設住宅への引っ越し・その逆のお手伝い、仮設集会所での行事の手伝い等、他にも内容は
多岐にわたります。そういった助けを必要とする方達が、大勢居られます。

『ボランティア活動を見て元気づけられた』

被災者の方々から、こんな声を聞くことも度々あります。
RIDE FOR PEACEでは、震災以降、毎月延べ5カ月以上、現地担当者を派遣して活動を行ってます。
たとえボランティア活動が一日だけであろうと、無駄ではありません。現地担当または、事務局まで
ご連絡を下さい。


ボランティアに行きたくてもなかなか都合が付けられない。でも、被災地の支援は協力したい。
そのような方には、募金・グッズ購入をお願いしております。
義援金ステッカー 300円
被災地支援Tシャツ 3000円
被災地支援ほっかぶり 600円
必要経費を引いた全売り上げを陸前高田・大船渡の社会福祉協議会へ届けております。
これまで(2012年1月)、50万円を寄付しました。
協力、協賛していただいた多くのお店のおかげです。引き続き、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

RIDE FOR PEACE 事務局 2012.3.11

「仮設住宅にCDを贈ろうプロジェクト」

災害ボランティアセンター住田町基地別働隊 隊長南輝久氏が進める活動で、被災地の皆さんに
少しの時間でも日常を取り戻して頂きたいとの想いから生まれたプロジェクトです。
2012年2月現在、被災3県の仮設住宅、集会所79ヶ所にCD、CDラジカセを寄贈。
昨年12月からは10ヶ所の集会所でCDコンサート(一日喫茶店、カラオケ等も)を行なっております。
現地担当が伺った折、年配の女性が被災以降初めて歌ったと言い、涙ながらに歌われる姿に感動しました。
被災者の皆さんの遊びや楽しみが、明日への活力になることを願っております。
つきましては、下記のモノをお譲りいただけないでしょうか?

募集している物
CD(年齢層の高い方向けが不足しておりますが、ジャンルは問いません)
CDラジカセ
カラオケ内蔵マイク
マイク

送り先
現在各種団体、個人が協力しておりますがCDコンサートをはじめ密接にサポートしている下記団体にお願いします。

特定非営利活動法人 笹舟(布田直志代表)

〒984-0062
宮城県仙台市若林区弓ノ町10-14
NPO法人 笹舟「仮設住宅にCDを贈ろうプロジェクト」係
電話022-223-8546


ご報告

RIDE FOR PEACEの活動報告の一部をご紹介します。

2013年3月の時点で、陸前高田と大船渡へ寄付した金額は
累計60万円となりました。
ご協力していただいた皆様、ありがとうございました!
募金・支援グッズ販売を通して、今後も支援活動を続けていきますので
皆様のご協力をお願い致します。

義援金寄付

2013年3月5日、RIDE FOR PEACEとして関東のご協力店から集まった募金を、陸前高田と大船渡の災害対策本部へ
51200円ずつ、振り込みました。
ご協力下さった皆様、ありがとうございました。

ブルーグルーブ
HD幕張
オートランドリッキー
モトワークス アイアンロード
㈱ヨシノ自動車
ホンダタウンズ
麻心
I.K.C.鎌倉工房
妙現寺
民宿ひまわり
ドライブインうおまさ
HD岩手
バンビーノ
ヒデモーターサイクル
一国オート
ミドルズ
アフーネ
ダリアシアン
(有)ビアーズ
※順不同

義援金2013.3.JPG


2011年12月23日、住田町基地に於いて、陸前高田市社会福祉協議会、及川局長と星次長様に義援金(5万円)を御渡ししました。
12.23義援金.JPG

2011年12月26日、大船渡市役所に於いて、橋本会計課長様に義援金(5万円)を御渡ししました。
12.26義援金.JPG

2012年元旦の地元の新聞に、住田町基地の活動が大きく2面に取り上げられました。
陸前高田、大船渡の両市へのボランティア活動の働きかけが、復興への力になっている一つの評価として、
大変うれしく受け止めております。RIDE FOR PEACEの名も、取り上げられています。
004.JPG005.JPG

006.JPG007.JPG


寄贈車

被災地へ寄贈した車たち。


住田町社協紺野会長、佐々木副会長.JPG第一号
㈱ヨシノ自動車から頂いた軽自動車を住田町ボランティアセンターへ寄贈しました。
ヨシノ自動車さんの手によって、なんとエンジンは新品に載せ換え済み。10万キロでも走れます。
おまけに車検まで2年つけてくれました。大感謝です!


寄贈車2号.JPG第二号
ビアーズのお客さんから頂いた軽自動車をオートランドリッキーさんへ寄贈しました。
走行8万キロの程度の良い車両をいただきました。
車だけでなく、義援金1万円もいただきました。
高速走行時、ハンドルにぶれが出ていたので、イーガレージ田原にて修理。
ボランティア活動に協力してくれているお店です。
部品代のみで、修理していただきました。
全ての皆様に感謝です!

cab.JPG第三号
ホンダ カブをオートランドリッキーさんへ寄贈しました。
ビアーズのお客さんから頂いたバイクです。
ご存知、日本が世界に誇る名機「カブ」です。使い勝手の良さ、メンテナンス性、コストパフォーマンス。
どれをとっても世界トップクラスなので、もちろん需要は高いのです。
2号に載せて、リッキーさんに面倒をみてもらいます。
きっと大活躍することでしょう。


SANY0027.JPG第四号
スズキ エブリィをオートランドリッキーさんへ寄贈。
ビアーズのお客さんから頂いた車両です。走行距離3万キロ台、内装もとてもきれいで、エンジン絶好調。
寄贈してくれた方は、大船渡が故郷であり、リッキーさんとも30年前にお世話になっていたそうです。
縁あって、今回このような形になりました。
必ず被災地で活躍してくれることでしょう!

ブログにも掲載しました。 ← こちらをクリック


岩手のオートランドリッキーさんは、ハーレーのディーラーです。
このたびの震災で、お店は流され、大きな被害に遭われました。
地元での商売を少しでも活性化してもらうよう、2号・3号はリッキーさんに
寄贈しました。
リッキーさんから、本当に必要としている方へ使っていただけるよう、
整備等のアフターメンテナンスも含め、できるだけ長く使っていただければ
幸いです。

2013年3月現在、寄贈車の募集は行っておりません。
ご了承ください。

2011年8月27日 義援金募金 @綾瀬市役所

8月27日綾瀬市役所において「RIDE FOR PEACE」義援金募金を行いました。
これは、例年行われる花火大会にかわり「東日本超復活祭」と銘打ち、被災地域の物産展をメインとして様々な催しが行われました。
RIDE FOR PEACEメンバーのほか支援者も駆けつけ、まだボランティアを必要とする現状を訴えながら、義援金ステッカーを販売しました。
同じく出店されていた「県央酒販組合」様からは、我々の活動に賛同して、当日募った募金を募金箱ごといただきました。
大事にお預かりし、次回届ける義援金とさせていただきます。
皆様の御協力に心から感謝いたします。
8月27日綾瀬市役所で募金活動.jpg綾瀬市役所の東日本超復活祭CIMG1154.JPG県央酒販組合さまより募金箱ごといただきました。

2011年8月28日 妙現寺祭り @相模原 妙現寺

8月28日相模原妙現寺において「妙現寺開導会&妙現寺祭り」が催されました。
妙現寺の鈴江住職は檀家さんと共に、震災当初から被災地支援を続けており、
現地活動の中で知り合って以来、RIDE FOR PEACEの活動を支援していただいてます。

会には、檀家さんを初め地域の方々、またボランティア仲間もあつまり大盛況のなか、
バーベキュー、流しそうめん、なんとマグロの解体ショー、他にも子供達にクワガタなど盛りだくさんでした。
会場中央には大きな掲示板が置かれ被災地支援の活動報告が掲示され、RIDE FOR PEACEの活動も紹介してくださいました、
震災から半年経とうとしていますが、まだ支援の継続が必要な事を、この様な行事をとらえて訴えていく姿に頭が下がります。

8月27日妙現寺祭り (11).JPG妙現寺祭り8月27日妙現寺祭り (10).JPGRIDE FOR PEACEの活動報告を展示させていただきました。
8月27日妙現寺祭り (2).JPG8月27日妙現寺祭り (8).JPG
8月27日妙現寺祭り (9).JPG8月27日妙現寺祭り.JPG
マグロの解体ショー.JPGマグロの解体ショー鈴江住職.JPG鈴江住職
8月27日妙現寺祭り (7).JPG大盛況

被災地支援グッズ

RIDE FOR PEACEステッカー

decal1.jpg
ステッカーを1枚¥300で販売してます。
売り上げを陸前高田市と大船渡市の社協に直接届けます。
(内訳:1枚につき280円が義援金。20円は必要経費。)
協力店で販売しています。
または、ビアーズまで連絡いただければ、ネット販売も可能です。
ネット販売の場合は、10枚からとさせていただきます。(送料は別途かかります。)

ステッカー販売協力店はこちら!

RIDE FOR PEACE ほっかぶり

SANY0007.JPGほっかぶり(日本手ぬぐい) ¥600

ほっかぶり(日本手ぬぐい)ができました。
1枚 ¥600 で販売してます。
通販の場合は、5枚(¥3000)からの販売となります。
SANY0008.JPG車のヘッドレストにどうですか?
SANY0009.JPGバイクに乗るときのマスクにもなりまっせ!

Tシャツ

t-シャツ.JPG黒とインディゴの2色white01.JPGホワイト追加しました。2012.7
RIDE FOR PEACE Tシャツ 
サイズ : S M L XL
カラー : ブラック インディゴ ホワイト
¥3,000-
ボディがしっかりしているので、永く着れます。
フロント左胸にワンポイント。バックは大きくロゴが入ります。
ロゴカラーは、主張しすぎないうす消し文字。
さりげなく支援してください!
お求めは、ビアーズまで。
通販の場合は、別途送料かかります。ご了承ください。

義援金のお願い

下記口座は、陸前高田と大船渡の災害対策本部のものです。
義援金のご協力は、こちらにご自身のお名前、もしくは団体名でお振り込みください。
ご協力、お願いします。

岩手銀行 
高田 支店 
普通 2044626
陸前高田市災害対策本部


岩手銀行
大船渡 支店
普通 2052381
大船渡市災害対策本部


RIDE FOR PEACEの活動に、協賛金をいただいた方々 順不同
※RIDE FOR PEACEは、2013年3月現在、活動を一区切りしております。
 これまでご協力して下さったたくさんの方々、本当にありがとうございました。
金沢文庫 森クリニック 様
草加市  梅田鍼灸院 様
川口市  秀和ウォータータイト 様
相模原市 一の会「はなのかい」 様
中国 長春市 親交会有志 様
相模原市 妙現寺 様


ブログ

目的

東日本大震災により、壊滅的被害を受けた陸前高田市と大船渡市。
津波の被害がもっとも大きなこの地域を復興するためには、あまりにも人手が足りていません。


現地にボランティアとして神奈川県から参加している一人のバイカーがいます。
海野(かいの)さん、2003年のロードキング所有のハーレー乗りです。
SANY0010.JPG

海野さんが活動すること、テント生活の1ヶ月半。
昼間は瓦礫の撤去など手伝いながら、夜はどうしたら人が集まるか?の話し合い。
しかしながら、いまだ人手不足は解消されていません。
1000人欲しいけど、100人しかいない現状。
sumita.jpgDSCN1234.JPG

「陸前高田に入った時、目の前の惨状に、しばし思考が停止しました。
見渡す限りの瓦礫の中に作られた道を走りながら、本来美しかったであろう陸前高田の
変わり果ててしまった現状に、声も出ませんでした。」

老人だらけの被災地。津波で建物の内部まで泥まみれ。
濡れた畳は、大人の男性2人でやっと動かせるくらい重い。
どうにか中心街では瓦礫の集積が始まり、ようやく復興への第一歩を踏み出した。
かのように見えたけど・・・・・
DSCN1243.JPG
「中心街から少し離れた入江の集落などは、まだ手つかずの状態です。
ボランティア関係者からは、2000人位必要だという声の中、200人~300人しかいません。」

どうしたものか?さまざまな案が出され、あらゆる伝手を頼って支援を呼びかけた。
そんな中、バイカーの熱い心を思い出した海野さん。

「バイクでボランティアに来てもらうのもいいんじゃないか?
ハーレーでボランティアなんて不謹慎だという間違った先入観を変えたい。
そんなバイカーの受け入れ態勢を整えよう!」

こうして RIDE for PEACE がスタートしました。
ハーレー・国産車問わず、一人でも多くのバイカーの熱い心に呼びかけていくのが、
RIDE for PEACEの目的です。
big1out500.jpg

活動

陸前高田市ボランティアセンター 
Tel 0192-54-5150

大船渡市社協復興ボランティアセンター
Tel 090-7320-6504

上記機関から活動支援場所、仕事をマッチングしていただきます。

活動時間

金・土・日のみ
8:30 ボランティアセンターで受付
9:00 マッチング後、それぞれの現場へ
9:30 ~ 15:00 活動
(午前・午後の休憩、昼1時間を挟みます。)
※2013年4月から、変更予定

活動内容

引っ越し
漁具整理
家屋内の解体 等々   

DSCN1244.JPGDSCN1242.JPG

確認事項

保険

ボランティア保険は必須です。
現地ボランティアセンターでも加入できますが、朝混雑する場合もあるので、事前に入ってきた方がいいでしょう。
破傷風ワクチンを打ってくる方もいます。そのあたりの危険性は排除できないので、自己責任でお願いします。

持ち物

寝袋
マット(寝るときに敷くもの)
ゴム長靴 もしくは 作業靴 (釘を踏んでも大丈夫なようにセーフティインソールを入れましょう。)
カッパ
ゴム手袋
食器(皿・箸など)
着替え(汗かきますので、多めに)
マスク
ゴーグル


携帯電話の電波状況は、ドコモとauは大丈夫ですが、Softbankは悪いです。
そのかわり、Wi-Fi通信は大丈夫ですので、スマートフォンならOKです。

受付連絡先

090-4012-5160 (海野さん携帯)
※RIDE for PEACE を見たと、伝えればOK。
現在(2013.3)、RIDE FOR PEACEの活動は、住田基地の閉所とともに、現地活動に関して、制限しております。
主に、支援グッズの販売は継続して行っております。
現地活動に関しましては、現地のニーズが高まり、まとまり次第、マッチングしていけたらと思いますので、
現時点では、ボランティアセンターへ掛け合って下さい。よろしくお願いします。

ボランティアの皆様へ
ボランティア活動の受付に関しましては、上記のボランティアセンターへ電話してください。



82787079_org.jpg82786748_org.jpg82786882_org.jpg




リンク



(有)BEARDS
当ホームページの管理・窓口  担当:宮田
※お問い合わせはTELもしくはメール下さい。(ビアーズ宮田 宛)

陸前高田市災害ボランティア住田町基地

基地のブログ


協力店

BLUE GROOVE
RIDE for PEACE のネーミング・ロゴデザインをしてもらいました。多大な協力に大感謝です。

H-D幕張
千葉県幕張にあるディーラーさんです。

オートランドリッキー
大船渡市にあるハーレーディーラーです。被災してしまいましたが、仮店舗にて営業されています。
RIDE for PEACE に参加されたバイクのケアを手伝って頂ける心強い販売店さんです。

モトワークス アイアンロード
北上市にあるハーレーディーラーです。住田町基地から比較的近いディーラーさんで、
何かあった時にご協力いただけるRIDE for PEACEへの賛同を頂いております。

㈱ ヨシノ自動車
トラック販売・買取業者です。陸前高田や大船渡への支援として、
住田町基地に車を提供してくれる予定です。
ビアーズ宮田の同級生が営む会社です。
RIDE for PEACEへの賛同・協力に快く応じてくれました。

ホンダタウンズ
宮城県のバイク販売店です。スタッフの平松さんがRIDE for PEACEのサポートをしてくださっています。
そんな平松さんのご実家は陸前高田で、やはり津波の被害に遭われ、ご家族も亡くされました。
そんな大変なところ、気持ちよく協力していただき、大感謝。
ボランティアバイカーへの整備サポートもしてくれていますよ。

鎌倉とどけ隊
鎌倉のボランティア団体。由比ヶ浜の「麻心」(まごころ)のオーナー森下シンジさんが中心となって
石巻や被災地の復興を支援しています。このたび縁あって住田町基地にも、協力してもらえることに
なりました。こうして始まった地域同士の交流が、より明るくより楽しい未来を呼んでくれるものと信じてます。
麻心(鎌倉カフェ&バー)

I.K.C.鎌倉工房
大船にある車のルームクリーニングを得意とするショップです。
RIDE for PEACEの協力店として参加していただいております。

本門佛立宗相模原妙現寺
住田町基地へ、多大な支援活動を行っているお寺です。RIDE for PEACEをブログで紹介してくれました。
何人もの方々が、住田基地へボランティアとして、このお寺から派遣されています。

オートリメッサ中田島店
浜松市にある4輪・2輪パーツ用品店です。ボランティア協力店です。
RIDE for PEACE募金にもご協力いただいてます。

民宿ひまわり
長野県女神湖駅

ドライブインうおまさ
住田町


ハーレーダビットソン岩手

イタリアンレストラン「バンビーノ」一本松ステッカー 綾瀬市深谷








リンクに協力してくださいるお店を募集中です。
下記のバナーを使ってこのページをリンクしてもらえると助かります。
連絡いただければ、協力店に掲載させていただきます。

small1out300.ai.jpg

自転車キャラバン

LinkIcon自転車キャラバン 長崎~岩手2500キロ RIDE FOR PEACE 行程

住田町基地の立ち上げメンバーである南さんが、九州から陸前高田までを自転車で走りながら
ボランティアの告知、一本松再生募金活動を行います。
サポートしていただける方、応援していただける方、詳しくは上記リンクから行程をご覧ください。

南・海野convert_20110610191152.jpg
(右の青いツナギの方が南さん)

LinkIcon自転車キャラバンの様子はこちらから!



↑↑↑
各地での様子をアップしています。

写真などの資料

現地での写真などをまとめています。
参考にしてください。

ギャラリー

フォトアルバム

8FZ93c8AEE92n82P024.pdf ボランティア資料

住田町基地 愛唱歌

Sumida_cho.mp3  ← 浜松組の愛唱歌